子育ての悩みを解決 子供

子育ての悩みを解決:よい子に潜む問題点

 

よい子に潜む問題点

 

 

幼少期はよい子で静かだった子が、時にびっくりするような大きな事件を起こす事が

 

あります。そのような子は、親のいわれるままに従い、自分の意思でなく行動させられ、

 

我慢して自分を押し殺しながら成長してきた可能性があります。

 

 

子供はよい子を演じている?

 

よい子でいれば両親にほめられる。

 

しかしよい子にしていなければもしかして両親に嫌われてしまうかもしれない、

 

そんな不安からよい子を装っていたのです。子供の心の中をよく見てあげてください。

 

 

子供に自由を与え任せるという育児を実行してみましょう。

 

時に大人がびっくりするような事をしてしまうかもしれませんが、親は口出しをせず、

 

見守り、サポートすることだけに徹しましょう。

 

これからの人生を生きていくのは子供自身です。

 

 

 

強くたくましく生きていくために必要なのは自発性意欲なのです。

 

静かで親のいうことを何でも聞く子がいい子ではありません。

 

実は深い問題を抱えている事があるということを理解しておく必要があります。

 

子育ての悩みを解決:総合情報

子育ての悩みを解決:よい子に潜む問題点関連ページ

手が出る・いじわるしてしまう原因は?
すべての親に共通する願いとは、”生き生きとしたこどもに育てたい”ということではないでしょうか。しかし現実の子育てはうまくいかず、幼稚園ではお友達に手を出したり、いじわるしてしまう・・そのような場合の解決方法をみてみましょう
スキンシップが親子の信頼をつなぐ
お子様とのスキンシップできていますか?小さければ小さいほど子供はお母さんにスキンシップを求めてきます。どれほどスキンシップで大切なものなの?
甘えすぎて困る〜そんな悩みを解決
子供はママが大好きなので、特に子供が小さいうちは、べたべたくっついて来ることがあります。でも甘やかしすぎていいの?
登校拒否やノイローゼに潜む子育ての問題点
小さい時のお母さんと子供の深い結びつきが、のちのちの人格形成まで影響するってご存じですか?その結びつきができていないと、のちのち様々な問題が起きるようになります。なぜそのような問題が起きるのか探ってみましょう
表情が硬い子・乏しい子に潜む問題点
子供なのにあまり笑わない子がいます。このような表情が硬い子や乏しい子は、お母さんに甘えられない子、また身近にいる家族や幼稚園の先生、友達のお母さんにさえもなんだかおどおどしている場合が多いよう。どのような問題が潜んでいるのでしょうか
落ち着きがない・おどおどしている子供
夜子供と一緒に寝ていますか?こちらの章では「添い寝」のススメについて解説していきます
「甘やかし」は子供をダメにする!
おもちゃやさんで、またスーパーで、おもちゃやお菓子が欲しい欲しい!と泣き叫ぶ子供を目撃することがあります。このような場合はどのように対処したらいいでしょうか?「甘やかし」と「甘えさせる」の混同が問題の用です・・
「わがまま」と「自己主張」を見極めよ
子どもがわがまま過ぎて困る・・そんな悩みをよく耳にします。しかし「わがまま」と「自己主張」は一見して区別が難しいもの。「わがまま」だったらそれは改善しないといけないですね。両者の違いを見てみましょう
子供の話を良く聞いてあげると育つ事
子供は日々語彙を増やし、お母さんや身近にいる親しい人との会話を楽しむようになります。子供の話によく耳を傾けてあげると、何が育つのでしょうか?
子供の性格や人格に影響を与える事
子どもの性格や人格に影響を与えるものはいったい何でしょう。それはずばり、”温かい家庭の雰囲気”です!それは子供の心を優しくし、思いやりのある子供へと成長させていきます。その理由とは?
心の優しい子供に育てる子育て術
心の優しい子供になって欲しい・・そのように願って日々子育てしている事でしょう。子供の優しい心はどうやって育っていくのでしょうか?そのことについて考えてみましょう
赤ちゃんと上手にコミュニケーションを取る方法
赤ちゃんは言葉を発することができません。しかししっかりとコミュニケーション能力は備わっていますよ!
登校拒否児を作らない子育てアドバイス
最近の子供達は、体の成長に心が追いついていない気がします。そのような子供は壁にぶつかっても耐える力がありません。困難にも立ち向かえるような強い子供に育てる為の秘訣は?
思いやりがあり優しい子供を育てる秘訣
すべての親の願いは、やさしくて思いやりのある優しい子供に育って欲しい・・ではないでしょうか?子供のそのような気持ちはどのようにして育っていくのでしょう?
溺愛が子供をダメにするってホント?
子供の事がかわいいのはすべての親が思うことです。しかしかわいいからといって「溺愛」するというのはちょっと間違っているようです。溺愛は時に自己中心的な身勝手な子どもを作ってしまう可能性が・・その理由とは?