子育ての悩みを解決 子供 兄弟喧嘩

子育ての悩みを解決:兄弟喧嘩(きょうだいげんか)の対処法

 

兄弟(きょうだい)げんかはどう対処?

 

 

きょうだいがいる家庭ではどこでも「きょうだいげんか」が発生するものです。

 

年齢が近いと尚更けんかも多くなります。しかしけんかは年齢と共に徐々に少なくなって

 

いくもの。よっぽどひどい危険がない限りは、口出しせずにだまって見守りましょう。

 

 

 けんかを裁いてはいけない理由

 

友達同士のけんかを裁いてはいけないのと同様きょうだいげんかも決して裁いてはいけない

 

のはなぜでしょう? もしあなたが一番上のお姉さんやお兄さんだったら、身に覚えは

 

ありませんか? なんだかいつも自分ばかり怒られている気がするなぁと・・。

 

特に年が離れているお兄ちゃん、お姉ちゃんでは”大きいんだから!”と非難されてしまう

 

事がありますが、必ずしもその子に原因があったとは限らないのです。。

 

だけれど、お母さんはついつい年長者を怒ってしまいがち。

 

しかし怒られてしまったお姉ちゃん、お兄ちゃんの立場にしてみたらどうでしょう。

 

自分ばかりが怒られる。悪いとされた方の心には悲しく大きなしこりが残ってしまいます。

 

おにいちゃんだから、おねえちゃんは我慢しないといけないという思いこみで

 

叱ったり制裁を加えるのは間違いです。

 

きょうだいを平等に扱わないと、心の中に大きなしこりを残すと共に、大きくなったときに

 

きょうだいが不仲になってしまうといった原因になりかねません

 

 

 けんかをしてもきょうだい愛は芽生えます

 

家の中でしょっちゅう激しくぶつかり合っていても、

 

家の外に出ると、お兄ちゃん、お姉ちゃんが下の子に優しくする姿が見られたり

 

また下の子はお兄ちゃん、お姉ちゃんについて回るなどの仲のよい姿が見られるものです。

 

このような姿が見られたならば、彼らの中にきょうだい愛がしっかりと芽生えてきている
 
証拠です。

 

子供のけんかに親は口出しするな。とはよく言ったモノです。

 

けんかは裁かない。覚えておいてくださいね。

子育ての悩みを解決:総合情報

子育ての悩みを解決:兄弟喧嘩(きょうだいげんか)の対処法関連ページ

離乳食を自分で食べようとして困る
離乳食が始まる頃、興味津々の子供は、スプーンをお母さんから奪い取り、自分で食べようとします。でもテーブルはすごい事に・・そんな時どう対処?
上の子がかわいくない時はどうする?
初めての子供、妊娠したときはドキドキし、一人目の誕生を心から待ち望んでいたはず・・。しかしいつの間にか第一子がかわいくない、と感じるようになっていませんか?
わがままで困ります、そんな時は?
子どもがわがまま過ぎて、全然言うことを聞かない!スーパーに行くと、おもちゃやお菓子の目の前で、足をばたばたさせ大泣きして困る!そんな悩みが聞こえてきます。このような子どもは、抑制する力が備わっていないようです。抑制する力とは?
長男・長女との信頼関係の築き方
長男・長女へはどうしても期待してしまうせいでしょうか・・だんだんと子育てがぎくしゃくしてしまう事があります・・。そんな時はどうする?
怒りすぎに対する解決方法
いつもいつも子供の事を怒りすぎてばかりいませんか。忙しい毎日、ついつい子供の行動にいらいらしてしまうこともあるでしょう・・。でもお母さんの中には、本当は怒りたくないのに・・と思っている方も多いはず。どうやったら叱らない子育てができるでしょう?
子供がお友達と遊べない?そんなときは
子供はある時期になると、自分からお友達を欲するようになります。しかし公園でもお友達と関わろうとせず、お母さんにばかりくっついている・・そんな時の対処法は?
言葉が遅いのが悩みを解決
子供の言葉が他のお子さんより遅いとちょっと不安になりますよね。言葉の遅い原因を探ってみましょう
言うことを聞かないで困ります
うちの子おもちゃの前を通りかかると、床に寝転んで足をばたばたさせて困ります・・こんな悩みを抱えていませんか?そのような子供はどうも「我慢」する力が育っていないようです・・
人見知りがひどい時の解決法
子供が人見知りをして困ります。こんな悩みを持つお母さんがいます。しかし人見知りって本当に悪いことなの?
癇癪(かんしゃく)をやめて欲しい!
子供の癇癪、手に負えない時がありますね。こんな時はどんな風に対処したらいいのでしょうか?癇癪が収まる方法は?
反抗期はこう乗り切ろう!
2歳を過ぎた頃、子供に第一次反抗期がやってきます・・今まではあんなにかわいかったのに・・と嘆くお母さんもいるかもしれません。しかし落ち込まないで!反抗期はこう乗り切りましょう
子育ての失敗例
間違った子育てしていませんか?しかし、子供が小さければ小さいほど修正可能です!子育ての失敗例を見て、当てはまるようだったら、今すぐに子育ての軌道修正をしましょう!
塾や習い事に通わせた方がいい?
英才教育が騒がれるようになり、子供達はこぞって塾や習い事に通わされるようになりました。果たしてそれが子供にとっては必要な事?
喧嘩はどのように仲裁したらいいの?
子供のけんか、仲裁するのが難しいですよね・・。ではどのように対処したらいいのでしょうか?その秘訣とは・・
食事中のテレビがいけない理由
家族の団らんありますか?団らんがある家庭の子供は情緒が安定しています。さて、この団らんを邪魔する電化製品とは??
パパが嫌いで困ります!?
お母さんだけが育児を背負ってはいませんか?お父さんが積極的に育児に参加する”イクメンパパ”は子供にとってもお母さんにとってもヒーローです!
理想の父親像とは?イクメンパパのススメ
一昔前のような「お父さん=亭主関白」という方程式は今や全く流行りません。お父さんは積極的に子育てに参加しましょう。そんな姿を見て子供達は・・
登校拒否の原因となるものは?
登校拒否、不登校、引きこもり・・などなど、現代の子供が抱える問題は様々です。なぜこのような子供達がでてきてしまうのでしょうか?考えてみましょう
祖父母の役割とは?
おじいちゃん、おばあちゃんにお願いがあります。是非読んでくださいね!